面倒くさいオトコの考え

LINEで送る
Pocket

男性の避妊の考えは「面倒くさい」

 

大学生の男女が避妊を実行しない事が問題視されています。

これは現代だけの話ではないのですが、その理由は「1位、2位」が男女共通で”準備するのを忘れていた”です。

つまり、後になって面倒なので避妊しないと言う考えで性行為に及んでいるのが特に大きな問題となっているわけです。

また、大学生でもあるのですが面倒なだけで避妊しなかったとしても“妊娠しないのでは?”と言う考えで、性行為をされている人までいたりするのですから驚きです。

3位以降ですが、“面倒”(男子)と開き直っているのが男性の心理のようで、性行為については面倒くさがっているかどうかで、どれだけ面倒なだけで避妊している相手かがチェックできるようですよ(笑)

女性の場合にも似たような理由はあるそうですが、避妊については考えておられる事から、相手に対して訴えるケースも多いそうです。

しかし、男性の「大丈夫だから」、「愛しているから」と言う囁きを受けて避妊をしないセックスをしてしまう男女が多い・・・と言うのが今回の問題であり、これから先も未成年者で多いセックスとトラブルの実態となります。

厚生労働省の調査では、日本の年間人工中絶件数「約22万件」となっていますので、思っているより多いと感じる人も多いでしょう。
また、最近ではセックスレスなカップルも多いので、「減少傾向」となっているそうです。

ですが、1日にして約600件もの中絶手術が行われている・・・と言う事実もあるので、男性の面倒くさいところからくる危うい性行為には注意しましょう!

望まない妊娠については男女共にリスクが発生しますし、中絶をすればスッキリ・・・と言うのは余りにも暴力的すぎます。

女性は産むか中絶するかという選択に迫られますし、場合によってはその後に「養育費」と言ったトラブルまで発生しますので、特に結婚を意識しているカップルであれば、「避妊をしない」なんて言うリスクは背負わないようにしましょう。

女性は男性の甘い言葉に流され、面倒なだけで避妊しない男性を許してはいけないのです。

LINEで送る
Pocket

つっちゃん / 2016年5月19日 / セックスレス