性感染と妊娠における恐怖

LINEで送る
Pocket

性感染症は恐ろしい

 

「性感染症」と言うものが性行為においては存在します。

数年前に感染する病気などで総称として良く登場しましたが、今でもSTDと言う別名をご存知の人は多いでしょう。

STD=Sexually(性行為)Transmitted(感染)Diseases(病気)。

このSTDで代表的なものは「カンジダ膣炎」や「淋病」です。

また、過去にまで遡ると「梅毒、クラミジア感染症、性器ヘルペス」と言った目に見えてSTDなのがわかるような感染症も存在しました。

「エイズ」についても性感染症です。

妊婦が性感染症になるとどうなるのか?

母子感染の可能性のリスクが発生します。

初期の治療が非常に大切となりますので、自然な治癒についてはありえないでしょう。

感染しない為の努力も必要なので、この恐ろしい性感染症についてはコンドームなどで「安全な状態」を維持しつつ性行為をするのが望ましい予防方法とされています。

パートナーを特定することも大切。

妊娠を希望している場合では、性感染症にかかっていないかどうかと言うのを聞くのではなく、実際に万が一感染していたら・・・と考え病院で検査をしておくのも大事です。

クラミジアとは?

STDでは「クラミジア」もあります。

コチラも恐ろしい性感染症なのですが、感染しても少し変化が見える程度なのが厄介です。

また、感染をしても初期段階では「無症状」なので、決定的なリスクとして「治療が遅い」と言う点があります。

また、このSTDでは不妊や子宮外妊娠の原因がありますので、「炎症、流産、早産」などのトラブルを引き起こす事もある恐ろしい性感染症なのです。

お産の場合では、産道感染によって赤ちゃんが結膜炎やクラミジア肺炎にかかる可能性もあったりしますし、何よりも妊婦健診でクラミジアに感染しているかで陽性が出た場合には、父親も母親も同時に薬を飲まないといけない・・・と言う面倒な点が嫌な感染症としても知られています。

LINEで送る
Pocket