妊娠線の知識(基本)

LINEで送る
Pocket

妊娠線の基礎知識ですが、「妊娠20週くらい」で胎児の成長のため腹部の皮下組織には亀裂が入るので、妊娠線(赤紫や赤色のもの)の筋が現れるようになってきます。

あくまでもこれらは妊娠線の基本です。

また、「腹部の他にもふくらはぎ・太もも・お尻・乳房」においても妊娠線ができる妊婦だっていますので、一人を受胎するのと比較して、「双子・三つ子」と数が増えるほど妊娠線はハッキリする特徴があります。

妊娠線は恥ずかしい??

妊娠線は決して恥ずかしいものではありません。

赤ちゃんが生まれてくる喜びが出産にはありますので、妊娠線の問題は自然と大した問題になってきます。

妊婦さんは、皆さんで「妊娠線がある」と思っていますし、似たような経験者はすぐになれるから気にしないで・・・と言ってくれるほどです。

ただ、妊娠線はかゆみをともなうので、もし我慢できない場合には「必ず医師に相談」するようにしておきましょう。

ステロイドなどの使用を妊娠線に行う事は、「胎児に悪影響」となりますのでご注意を。

妊娠線は完全に消えない

有名人・芸能人で、妊娠線が目立たない人は多いです。

ですが、妊娠線は出産後に赤紫や赤色から白っぽくなるだけ・・・と理解しておきましょう。

予防策はないのが妊娠線

決定的な妊娠線の予防策はないので、妊娠線対策としては「オイル、ジェル、クリーム」などで様子を見るのが一番です。

マッサージが妊娠線に効果があるとされていますが、あくまでも専門家に相談してから実行するようにして、個人の独学でするのだけは避けましょう。

妊娠線と覚悟

妊娠線はハッキリ出る妊婦が多いです。

なので、個人差が激しいですが、「9割の妊婦で出る」とされていますので妊娠線は覚悟も必要です。

LINEで送る
Pocket