大人の女性の避妊薬

LINEで送る
Pocket

世界中に利用者が多いピル

ピルは世界中の女性が利用をしている避妊薬です。

ピル

イギリスでは女性の避妊方法としてピルを使用するという選択をしている方が、数多くある避妊方法の中でもっとも多く29パーセントがピルを使用している状況です。

アメリカでは、ピルでの避妊方法を選択している方が、全体の18.3パーセントとなっており、女性が不妊手術をするという選択につづいて多い避妊方法になっています。

ヨーロッパの避妊方法として、ピルを利用することは、もはやスタンダードな方法であり、スウェーデンでは27.4パーセント、イタリアでは14.2パーセント、ドイツでは、52.6パーセント、フランスでは43.8パーセントとなっています。

全世界でもよく使われている避妊薬

IUD

女性不妊手術、男性不妊手術、インプラント、IUD、コンドーム、バリア避妊法など、現代では沢山の避妊方法がありますが、欧米諸国では、ピルを選択する方が多いということが分かっています。

これはピルをしっかりと服用した場合の避妊率がほぼ100パーセントであるという高い避妊効果と、生理痛の痛みの軽減や、生理周期の調整などの様々な副効果が期待出来るというメリットがありますから、世界中の国々で利用者が多い状況になっているのです。

女性ホルモンが担っている働き

女性ホルモンに限らず、ホルモンというものは肉体の中で作られており、身体中の臓器を調整したり、管理をするのに役立っているものです。

脳が発する電気信号のようなものと勘違いしている方もいらっしゃいますが、しっかりと実体が存在しているものであり、血液中を流れているのがホルモンなのです。

女性ホルモンとして知られているものはエストロゲンとプロゲステロンの2つになります。

エストロゲンとプロゲステロンについて

この2つのホルモンは月経周期や妊娠というもののコントロールを行なっている女性が女性たる所以を作り上げているようなホルモンになります。

エストロゲンとプロゲステロンは卵巣で作られるホルモンですが、勝手に卵巣が作り出してくれるわけではありません。

脳にある視床下部と下垂体が卵巣に対して命令を出すことによって、初めて卵巣で女性ホルモンが生成されるという仕組みなのです。

女性ホルモンが担っている役割は、月経のコントロールです。

妊娠をしたり、逆に避妊をするというような場合には、女性ホルモンの働きを知ることによって、簡単に行うことが可能になります。

またメンタルバランスを整えるということも大事な役割の一つになります。

避妊の正しい考え方

日本と諸外国では「避妊の知識(考え方)」に大きな違いがあり、今では日本が遅れを取っていると言う事実まであり、現代の日本では正しくない避妊のせいでトラブルも増えてきているのが現状です・・・。

知っておかなければならないのは、男女のセックスで起こりうる妊娠と感染の二つが大きなトラブルと言う事です。

妊娠に関しては言うまでもありませんが、膣外で射精しなければ懐妊となってしまいますし、学生でも知られているような一般的な事でもあります。

ですが、大学生ほどの男女でも1回の避妊を守らないセックスで・・・子供をもうけてしまい、その後トラブルが絶えないというカップルまでいるのです。

また、これらについては問題としては小さいのです。

クラミジア

と言うのも、避妊については感染のリスクは大まかに「引き下げる」と言う効果までありますので、「クラミジア・淋病」と言った性病(性感染症:STD)や、エイズについても無知のままセックスをされている男女までいるからです。

若いと言ってもカラダはもう成熟した大人のカラダ

年齢的に今では中学生であっても、「異性の体に興味を持つ」ような時代になっていますし、何よりもアダルトビデオ(DVD)と言った過激なものまでネットで配信されている時代なので、まさかこのような避妊をしない事で病気になる・・・と言う考えをもっていない学生も多いのです。

中学生であってもインターネットを利用できますので、検索ワードを入力するだけでその殆どで手に入る情報を「全て」と信じ込み避妊ができずに感染症まで患ってしまうケースがあるのです。

妊娠中なのを伝達する

妊娠初期ですが、子宮が膀胱の前にあるので、「お腹が大きくなる」際においては”トイレが多い”と言う問題が目立ちます。

これは、ホルモンの影響で頻尿になっているだけなので異常ではありませんし、頻尿になってしまう事も珍しくはないのです。

また、トイレについては我慢をしていると、「膀胱炎」となってしまいますので無理な我慢だけはしないように。

これからの対策について

対策として「寝る前は水分を控える、利尿作用のある飲み物(コーヒー・お茶)については飲まない」などの対応をしておき、トイレが近くなりやすい寒い季節においては、トイレはこまめにしておきつつも温かい格好を心がけましょう。

妊娠すると、ホルモンの影響で粘膜が充血し、少しの傷でも出血しやすくなり、ガーゼやティシュを詰めて止血する事は多いです。

歯磨きでの出血についても、多くなるので妊娠中においては歯肉炎になりやすいのを忘れず、不安がある場合には歯医者で診てもらいましょう。

後期になるとお腹が大きくなりますが、診てもらう時は「妊娠中」と言う点をしっかりと伝達しておくのが特に妊娠中は重要です。

低用量ピルで安心の性行為を行う

低用量ピルを最近はOCと呼ばれています。

低用量ピル

OC=Oral Contraceptives。

低用量ピルについては、「避妊だけ」で飲むものではなく、「副効用」と言われる女性の体によい作用でも飲まれています。

外国人女性の場合には低用量ピルは顕著で、「生理痛・肌荒れ」などの緩和・改善で処方してもらい、定期的に服用されている人までいます。

コンドームは使わないが、膣外射精をしてもらっているから絶対妊娠しない・・・なんて、30歳過ぎた女性でも平気でおっしゃいますが、低用量ピルについてはこの質問と同時に『確信がありますか?』と言われると、やはり服用せずにはいられません。

トラブルが起きてから『今までは大丈夫だったのに・・・』では遅いですからね・・・。

確信を持って答えられる男女は多くいないでしょうし、コンドームにも損傷があれば期待の効果は得られないと言うデメリットがありますので、物理的に低用量ピルは必要なものです。

大人の女性であれば自分の身体に対する思いこみではなく、低用量ピルを飲むようにして、生理をコントロールしていきましょう。

避妊の失敗率について

避妊の失敗率

「避妊の失敗率(一年間で100人の女性の妊娠確率)」についても、調べてみたところコンドームのみの避妊と言うのは、実は3%の女性は妊娠と言う結果に終わっているのです。

当然、その後については出産・中絶のどちらかとなってしまいますし、場合によっては「裁判沙汰」と言うトラブルにもなったりします。

つまり、低用量ピルを利用していないと「予期せぬ事態」については低い確率ではありますが起こる事だってあるのです。

自分の排卵日も把握しておき、更なる安全の為に低用量ピルを使うようにしましょう。

LINEで送る
Pocket